イベント

Shiojiri Conversations #2

Shiojiri Conversations #2 30時間のタイムテーブル

30時間トークマラソンのタイムスケジュールをお知らせします!

 

■日時 平成24年8月18日(土)11時ー8月19日(日)17時

■会場 nanoda、えんぱーく、喫茶かどや、NPO福祉サポートセンターアルプス、霧訪山、上野山の展望台ほか

■企画協力 CAMP・女子美術大学

 http://ca-mp.blogspot.jp/2012/07/shiojiri-conversations-2.html

■タイムテーブル

 

8月18日(土)

11:00-12:00|Drink Station #1
場所:えんぱーく5階 <イベントホール>
概要:今回の「30時間トークマラソン」の説明など

12:00-13:00|1分間で先取り|橋本聡
場所:えんぱーく5階 <イベントホール>
概要:初日の最初の時間帯に「30時間トークマラソン」全てのイベントをそれぞれ1分間先におこなう。それぞれのイベントの立案者ではない3名が事前に告知されている情報から想像を膨らませ、出来る限り早口で沢山喋る。各々は相手が話してる途中でも話すし、相手の話したことに対しての受け答えを矢継ぎ早に繰り出すこと。その当のイベントのテーマから外れたり、支離滅裂になることを気にせず喋りを暴走させること。

13:00-15:00|ディベート「政治」|橋本聡
場所:えんぱーく5階 <展望テラス>など
概要:隣の人が「賛」「否」どちらかのグループに指名していく(人数が半々にならなくてよい)。司会者みたいな役割の人を2人程つくる。2つのグループはできるだけ離れた空間に行き、向うの空間に届くように大声でディベートをする。司会者がそれぞれの空間にいるようにする。声が届きにくいので、ボデイランゲージなどの視覚的要素も補助になりやすい。観客は聴こえやすさを頼りに空間を移動する。

13:00-16:00|展覧会についてのスタディ|粟田大輔
場所:nanoda(ナノダ)

13:00-16:00|霧訪山を登る|佐々木健
場所:霧訪山 集合:13:00にえんぱーく5階 <イベントホール>前

14:00- |cafe discasso|杉田里佳
場所:nanoda(ナノダ)

15:00-18:00|セクシュアルマイノリティを考える会|齊藤哲也
場所:えんぱーく5階 <イベントホール>
概要:コーヒーでも飲みながら、セクシュアルマイノリティについてみんなで話してみませんか。

16:00-18:00|展覧会をつくる #1(話し合い)|泉太郎
場所:nanoda(ナノダ)
概要:話し合い、展覧会を企画し、年末あたりには現地で実行できるようにいろいろな人や場所と交渉して実現します。

16:00-18:00|水色トーク|鷲尾蓉子
場所:喫茶かどや
概要:美術館や教育機関では制作者(ブルーカラー)と学術系(ホワイトカラー)の力関係がどうしても生じてしまう中、かつて日本人には一億層中流の意識が存在していました。

17:00- |今考えているアイデアについて|増本泰斗+良知暁
場所:塩尻市内を移動しながら開催 集合:17:00にえんぱーく5階 <イベントホール>前
キーワード:アーカイブ、戦争写真、3日間、コメディ、オリエンテーリング、速度、労働、慎重さにおける軽やかさ、投票、欠陥的記録方法、行間、翻訳、飲みもの

18:00-20:00|Drink Station #2
場所:桑の湯 集合:18:00にえんぱーく5階 <イベントホール>前
概要:これまでの感想や意見交換、お風呂など

20:00-23:00|展覧会をつくる #2(企画)|泉太郎
場所:NPOアルプス宅老所
概要:話し合い、展覧会を企画し、年末あたりには現地で実行できるようにいろいろな人や場所と交渉して実現します。

20:00-23:00|Cafe is 3u vol.10 -hyper time -|cafe is me, you
場所:nanoda(ナノダ)
概要:818=hyper。hyper、超timeというより、過度なtime。『意識』の話をしたいと思う。例えば、福島産野菜に対する過剰な反応、いずみの11日に対する想い、はたまたハイパーヨーヨーの頃に想いを馳せる。私たちはもしかすると、311を、経験したが故にハイパーなリスクと共に、ハイパーな意識を手に入れたのかもしれない。前回のcafeで、『福島産野菜を食べる、食べない』が話題に上がった。意識をして、買わない。放射能が怖いから。わからないから。ただ、意識しすぎてるっていうより、それは実は意識してないハイパー無意識だということなのかもしれない。そんなことをつらつら話したい。原発の話から、普段のアート(己が作ることにたいしての意識)について。ゆるゆると、出きればキュウリを食べながら。

23:00-25:00|トークのためのトーク|菅谷奈緒
場所:nanoda(ナノダ)
概要:トークの場においてもやもやを感じたことがある参加者がそれぞれのもやもやについて話すことで、もやもや(話し合いの場に存在するルールやそれぞれの関係など?)を顕在化できたらいいなという試みとして。

23:00-25:00|芸術と恋愛|佐々木健
場所:NPOアルプス宅老所
概要:村山槐多のピンクのラブレターを叩き台に話せるものなら話せる範囲で個々の具体的な芸術と恋愛に関するトピックを持ち寄り、議論します。

8月19日(日)
01:00-03:00|○○にもなりきれない私たちがアートについて語ること|園田紗希
場所:nanoda(ナノダ)

01:00-05:00|アーティストの可能性|小口菜緒実
場所:NPOアルプス宅老所
概要:何かしようと考える人の理想と現実について。各々がなにかに向かおうとするときの手順を心得たり、試したり、率直に話したりする会(はじめに参加者にはやりたいことを簡単に話してもらい、将来どうなりそうかみんなで簡単に予想してみます)。

05:00-08:00|キッチントーク|井上文雄
場所:NPOアルプス宅老所
概要:朝食をつくり新聞を読んで議論する。

10:00- |cafe discasso|杉田里佳
場所:nanoda(ナノダ)

11:00-13:00|Drink Station #3
場所:えんぱーく5階 <イベントホール>
概要:これまでの感想や意見交換など

13:00-16:00|POORについて|橋本聡
場所:えんぱーく5階 <イベントホール>
概要:「貧乏人の写真が新聞に出るのは、犯罪を犯したときに限られる」(マクシム・ゴーリキー)。あえて荒々しくひどい言葉遣いで話しましょう。パンク(芸術家)、酔っぱらい(大衆)、不良(貧者)、暴君(行政、富豪)などのように。

13:00-16:00|展覧会をつくる #3(交渉)|泉太郎
場所:nanoda(ナノダ)
概要:話し合い、展覧会を企画し、年末あたりには現地で実行できるようにいろいろな人や場所と交渉して実現します。

14:00-16:00|境界をめぐるピクニック|永田絢子
場所:上野山の高台
概要:1989年8月19日土曜日、のちのベルリンの壁崩壊につながる歴史的なピクニックがひらかれました。23年後の同日、いま個々人が感じている「境界」をもちよって、それを越える/行き来する/疑う/認める…方法を話し合うためのピクニックをひらきます。

16:00-17:00|Drink Station #4
場所:えんぱーく5階 <イベントホール>
概要:今回の「30時間トークマラソン」の感想や意見交換など

=====
不定期
=====
5 mins chat|毛利嘉孝
場所:どこでも
概要:議論の始まりは、常に1対1の会話からです。5 mins chatは、ちらしに記載されたテーマについて、1対1で議論をする会話の企画です。オーディエンスは想定していません。ちらしのステートメントを呼んだ上で、話を聞きたい人、意見を言いたい人、議論をしたい人は、毛利嘉孝を見かけたら話しかけてください。

「知覚し難いもの(放射能、ウィルス、脳、魂、神、宇宙、科学、芸術、歴史、未来、etc)」について|橋本聡
場所:全てのイベント内において
概要:つまらないイベントに参加したり話から外れてる時に別のことを想ったり、携帯を眺めたりするように、密かに隣の人らと上記テーマのカンバセーション(紙やメールもいいだろう)。観客は察して耳を傾ける。その場の司会者が気付き注意するかもしれない。注意されたら、うまくその場の話に繋げるように努める。話が佳境になったらトイレの振りして一時退席も。

 

昨年の様子はこちらです。Shiojiri Conversations(CAMP)

http://ca-mp.blogspot.jp/2011/07/shiojiri-conversations.html

雑誌「ソトコト」3月号 フェイスブックページへのリンク
雑誌「ソトコト」3月号 2015.2.5発売
Facebookページ
Facebookページ
TURNS(ターンズ)2013年7月号
TURNS(ターンズ)2013年7月号
TURNS(ターンズ)2013年10月号
TURNS(ターンズ)2013年10月号
2014.6.2 mon 日本農業新聞13面
2014.6.2 mon 日本農業新聞13面

9月8、9日の情報はこちら

8月19日のWS情報はこちら
8月19日のWS情報はこちら